RANKandFILE

東北は山形に拠点を置く、音楽レーベルRANKandFILE RECORDSのHPです。
レーベル作品、中古CD、中古レコード、Tシャツ、雑貨等を取り扱うショップ「RAF-REC」も併設しております。

  • Facebook HP用カラーアイコン
  • Twitter HP用カラーアイコン
  • insta HP用カラーアイコン
  • YouTube HP用カラーアイコン
  • SoundCloud HP用アイコン
Club / live house etc
SANDINISTA(山形)
solfa(中目黒)
渋谷Tangle-Music Bar&Floor-(渋谷)
bar fam(仙台)
CLUB SHAFT(仙台)
As Soon As(福島)
Label / Distribution
noble
Moorworks
fennely
moph records
Revirth
ZOMBIE FOREVER
BRIDGE INC.
Artist
JUN KANEKO
INNER SCIENCE
テニスコーツ
Vegpher
tyme.
Hiroshi Watanabe
馬喰町バンド
Keishi Tanaka
KASHIWA daisuke
Other
RoughroLL(Pub)
Tarji(bar)
Biscuit Records(record shop)
bocca(hair salon)
SQUAT(vintage store)

Archive

2017 April

4月

『東京で酔いどれやろう!』という酔いどれ店主の思い付きから始まった今回の関東遠征。大宮444quad、中目黒solfa、そしてdommuneと充実のヴォリュームと内容になり、無事完結。まずは先々に遊びに来てくれた皆さんに感謝をば。本当にありがとうございました!

444両面

まずは7日大宮444quad。いつも山形出張のたびにRAF-RECに寄ってくれて仲良くなった埼玉在住のDJ kibiくんから誘ってもらって実現。今回のために集めてもらったたくさんのDJさんたちにサポートしてもらい楽しく90分やらせてもらいました。まあ酒好きの方々がたくさんいてくれましたので、こちらも嬉しく、プレイ後、暴れてしまいまして申し訳なかったです。。。朝まで付き合ってもらってありがとうございました!

17793449_1990558834506129_1440201438_n

まあ結果的に8日をオフにしてよかったのだが、最初ここにもどこか入れれたらなあと当たっていたのである。が決断してよかった1日休み。ただ、次の日の酔いどれに備えるつもりが打ち合わせもありまた酔いどれ。。。レイトチェックアウトにして中目黒に向かう。

酔いどれ東京表

ギリギリ残った目黒川の桜。いやいやいい季節に計画したなあ。と、かみしめながら人ごみのなかをsolfaへ。安心する顔が、東北から、関東から集まってきた。リハの時点ですでに最高。すでに酔いどれ。オープンするとさら雰囲気が良くなる。続々と来てくれたお客さんたちがみんな笑顔である。まあ僕が笑われていただけかもしれないが。。。もちろん音も最高。自分が安心して任せられるメンツを選んだのだからそりゃそうだ。自分も負けないようにプレイしなければと酔っぱらいながらも気合が入った。酔いと高揚感でどんなプレイをしたかは覚えていない(まあよくあることだが)が、みんなの話を総合すればちゃんとやったのだろう。気が付いたらあっという間に時間は過ぎていき最後のvegpherさんのライヴになっていた。タイトで強靭なグルーヴが一日を〆てくれていた。もう終わりかあ。

17857444_1991820374379975_1935033367_n

s_IMG_6735

s_IMG_6795

s_IMG_6859

昨年10月の酔いどれ電子音まつり終了から計画、準備をはじめ『4月9日中目黒solfa』という日程が決まったのが年明け1月。Tyme.さん、vegpherさん、mu hくんの酔いどれチームはもとより、チューくんことinner scienceくんの賛同も得、徐々に出演メンバーを詰めていって大方の概要が固まったのは2月半ばだろうか。もちろん自分が東京でDJをするのは何度もあるし、お世話になっているsolfaでの企画、また気の知れたメンツを集めているので盤石のはずなのだが、そこはやはり出演者兼主催者というまた違った側面や、運営する上での距離の問題、時間的にも現地打ち合わせはやれて1回。それはさすがに不安があっても仕方がなかった。が、開けてみれば、音、酔い、笑い、空気感そして集客も含め素晴らしい一晩になっていた。これも遊びに来てくれた皆さん、出演スタッフの皆さん、solfaスタッフのみなさんひとりひとりがポジティヴな空気を持ち寄ってくれたからだと思う。本当にありがとうございました!

s_IMG_6876

今回の遠征はこれで終わらず翌日にはdommuneが控える。酔いどれメンバー4人で出演となんともうれしい機会を頂いた。打ち上げの打ち上げを後ろ髪引かれつつ断念し、ホテルで休む。次の昼間もとにかく休んで19時からの本番に備える。

備えたのだが、備えていないやつがひとつ。。。我が愛器stanton smx-501がリハで不具合が判明する。酷使しすぎか3ch目の出力にノイズがのったり、片チャンネルになったり。。。決断を迫られる。pioneerを借りて3台でやるか?ただその場合は使い勝手とスクラッチ、エフェクトのこまいところを諦めることになる。このままstantonで2ターンテーブルセットにするか??苦渋の決断で後者を選択。2タンテのシンプルなセットで割り切ってできる限りのことをすることに決めた。いつも一緒だったsmx-501なので2台セットなんていつぶりか?まさかこの大舞台でやることになるとは。。。本番が始まるともうひとつのトラブルが。今度は僕ではなくTyme.さんの機材トラブルで無音に。急遽僕の出番に。結局緊張する間もなくプレイに入ったので結果オーライ。意外と落ち着いてできた。もちろん反省点はあるが。最後はmu hくんの圧巻オーディオヴィジュアルセットで〆。

s_IMG_6916

充実の関東遠征もこれで終わりかあと名残惜しくなる。ただみんなから『また絶対やろう!』と言ってもらって次を目指せる単純な僕なのだった。秋に山形で春に東京で、が定着できるように頑張ろうと思った。何回もありがとうを言ってうざいかもしれないのだが、各地それぞれ遊びに来てくれた皆さん、出演スタッフの皆さん。大宮444quad、中目黒solfa、dommune、それぞれのスタッフの皆さん、そしてTyme.さん、vegpherさん、mu hくんの酔いどれチームに最大の感謝をば。ありがとうございました!引き続き何卒よろしくです!です!

s_17901771_10212804753494912_1102511157_o

s_IMG_6893

s_17887325_10212804753414910_787940371_o

 

 

1

OMOTE

V.A. (RAF-REC FRIENDS) /
RAF-REC 6th anniversary compilation

2019 / 6 /23

RAFCD-008
¥1200(without tax)
(P)&(C) 2019 RANKandFILE RECORDS

more